CULTURE

内定者に聞きました!あなたはどうしてヤブサキへ?

積極採用中のヤブサキ。今回は内定者である、時田さん、土田さん、原さん、杉田さん、沢田さんの5人にインタビュー。就活の軸、会社の第一印象、選考の思い出と入社の決め手についてたくさん話していただきました。これを読めば、ヤブサキの新たな一面を知れるかも

やりたい仕事は、正直ぼんやり。だったら、ちゃんと自分を見てくれる会社がいい。

 —どのような軸で就活をしていましたか?

時田:業界や職種は絞ってはいませんでした。ただ、自分が働いている姿がイメージできない職はやめようと決めていたんです。真っ先に思い浮かんだのは営業ですね。

土田:自分が働いていること自体が想像できていなかったので、業種も絞れていませんでした。就活を終えて当時を振り返ると、自分のことをちゃんと見てくれる会社を探していたんだなと思います。

原:やりがいを持って、チーム全員で一つの方向に向かう仕事がしたいと思っていました。その上で、地域貢献という軸で企業を探していました。

杉田:具体的に何をやりたいか、は漠然としていたのですが、自分は裏方作業に向いているんじゃないかと思っていました。サポートしたいし、同じことがずっとできるので、事務職かな、と。

沢田:お客様の人生に深くかかわれる仕事を探していました。最初は不動産を見ていたのですが、なかなか決まらず…。

 

口先だけじゃない、アットホームさを感じた。

—合同説明会に参加して、ヤブサキの第一印象はいかがでしたか?

杉田:会場で緊張しているときに、社員さんが笑顔で声をかけてくれたんです。それで、いい人たちだな、楽しそうな職場だなと思って、そのままの気持ちで選考を受けました。

原:ヤブサキのことはそれまで知りませんでした。会場で初めて知って、そのまま参加して、直感的に選考を受けたい!と決めたんです。

沢田:社員同士や、社員と社長の距離が、いい意味で近いなと感じました。

土田:まず「学生気分で働こう」というキャッチコピーに惹かれました。説明会でも社員同士の距離が近くて、いいなと思って面接に進みました。

時田:説明会中に、課長の誕生日を祝ってたんです。それが他社の説明会とは全く違っていて印象的で。事務の方、営業の方、最年少の店長などいろんな人の話聞いて、毎日楽しそうにやっているなと感じました。

「ここなら、やっていける」働く自分の姿が見えた。

—ヤブサキへ入社を決めた理由や、選考中に印象的だったことを教えてください。

沢田:正直、他の業種で内定をもらって早く就活やめようと思っていました。でも、興味ない会社に入っていいんだろうか……と、動きなおし探したときに、出会ったのがヤブサキでした。立地や給与など、色々な条件が良かったというのが決め手です。

原:条件は大事ですよね。僕は人間関係が不安でした。でも面談がいろいろあって、社員みんなが、楽しそうに働いていたのでその点は解消されました。親向けの説明会もあったそうで、父から「質問したぞー」と電話かかってきました。子供としては出しゃばらないでくれよと思いましたが、親としても安心できたんじゃないかな。

時田:ヤブサキのリクルーター面談には、社員もたくさん参加しているので、突っ込んだことも沢山聞くことができました。私の場合は、事務職の社員のお話が入社の決め手でしたね。活躍している事務の方が、もともとは営業だったと聞いて、やりたいことに柔軟に対応してくれるのかなと、ここで働きたくなりました。

土田:社会人としてちゃんとやっていけるか、自分自身に不安を持っていました。リクルーター面談の時に、笠井さんという女性社員に、キャリアップについて尋ねたんです。どのように出世していくのか、余裕を持って働くことができるのか。色々と聞くことができたので、この会社ならやっていけると思えました。

杉田:不安というと、私は車に詳しくないのでその点が不安でしたね。面接で正直に言ったところ、事務の方から「研修もあるし、仕事となったらやるしかないから、ちゃんと覚えられるよ!」と言われて安心しました。

原:自分は、もともと話がうまくないので、営業として不安な面はありました。ですが面談の中でも細かく教えてくれたので働けるビジョンが見えて、不安が解消できましたね。

土田:面接内容は、自分が大事にしていることを5分で発表するというものでした。心で大切にしていることを、上手くはなかったと思うんですけど、とにかく一生懸命に話したんです。そうしたらヤブサキの大切にしていることと一致して、今ここにいます。

時田:他社と違って、堅苦しい、形式的な選考ではなかったのが印象的でした。一問一答でなく、自分の話をしたり、社長から納豆の話を聞いたり、本当に会話しているような感じで。もう一つ、サークル活動の動画がYouTubeにあると話をしたら、それを覚えていた課長が見てくれていたんです。関心持ってくれているんだって嬉しかったですね。

杉田:私も、自分自身を見て採用してくれだなと感じることができたのでヤブサキに入りました。このご時世だから働けないんじゃないかという不安があって、内定もらえた会社なら、どんなところであれ行ったほうがいいんじゃないか…と思っていたんです。なので、ちゃんと信頼できる会社に入ることができて良かったです。

業種、性別、年齢が問われない。だからなりたい自分になれる。

Q最後に、入社後の目標を教えてください。

杉田:知識をつけて自分の車に活かすことをしてみたいです。メカニックさんの話を聞いて、かっこいいなと思ったんです。事務にしか興味がなかったのが、広がりましたね。ひとのため、社会のため、そして推しアイドルのために、一生懸命働きたいです!

原:人の役にたってありがとうと言われる社会人になりたいです。まだ自信はないけど……。全社員ミーティングに参加したとき、自分と歳の近い人が、ものごとを整理してしっかり話しているのを見てすごいなと思ったんです。数年後自分もそうなるのが目標です。

沢田:すでにヤブサキに入っている2個下の人に衝撃を受けたんです。目標立てて、振り返って発表している姿がかっこよくて。自分もそうなりたいと思いましたね。

土田:キラキラと、常に楽しそうに生きている大人になりたいです。ここでならなれるんじゃないかな。人事課の話を聞いて感動を受けたんです。自分も同じように人の長所を見出せる人になりたいですね。

時田:楽しそうに仕事をしたいですね。ヤブサキは業種、性別、年齢を問わず活躍している人が多い印象です。後輩から見た時にそういう存在になるのが目標です。

 

-CULTURE
-,

© 2022 YABUSAKI TIMES Powered by AFFINGER5